スポーツジャーナリスト、佐藤俊とモリタニブンペイが、毎回、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。
強みは機動力と取材力。長年、野球、サッカー、バスケットボール、陸上、水泳、卓球など幅広く取材を続けてきた
二人のノウハウと人脈を生かし、スポーツの本質に迫ります。
ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿通じて、
リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けしたいと思います


日本ラグビーの名将・沢木敬介監督が横浜をラグビーで熱くする日が早く見たい!


横浜キヤノンイーグルス・沢木敬介監督は日本ラグビーを代表する名監督である。もし代表監督を日本人でとなったら真っ先にその名が上がることは論を待たない。2016年サントリーサンゴリアスの監督に就任すると、前年9位のチームをトップリーグ、日本選手権2冠に導き、翌年も連続で2冠を達成した。その手腕はジェイク・ホワイトやロビー・ディーンズといった世界的名将も認めるところだ。

身長183センチ、いつも切りたてのようにツーブロックの髪型に端正な顔立ち、見た目からして頭脳派監督の沢木さんだが、違う一面もある。サンゴリアス監督時代、秩父宮の最上段、メディア席の隣のコーチ席から試合中指示を出す沢木さんは、そのうちタブレット投げたりしちゃうんじゃないかなとハラハラしたほどだ。でも、試合後の会見はいたってクールに戻っている。つまり、内に物凄く熱いものを持っているのだ。

チーム作りで最も大切にすることは、チーム全員の組織に対する愛情だという。「チームメイトがお互いを知ってなきゃいけないし、知る努力しなきゃいけないと思いますし、知ってもらうためには、相手のことを知る心を持ってなきゃならない、そういうのが積み重なって組織の愛情が生まれてくると思うんで、だから僕は組織に属している全員が、選手だけじゃなくて、全員がチームに対する愛情を持っていなきゃいけないなって思います。」という。

チームへの愛を全員に浸透させるためにキヤノンではキャプテンに日本代表のスタンドオフ田村優選手を指名した。「あいつがイーグルスのこと一番思えば、周りの選手は絶対ついてくると思ったんで、あんまり感情とかあんまり出さないタイプなんであいつがそこをしっかり表現できれば、みんなついてくるって思ったのはあります。」沢木さんが言うように、田村選手はどちらかと言えばクールな選手。その田村さんが熱いチーム愛を体現すれば、確かに効果は絶大だろう。果たして、「田村選手は変わりましたか?」という質問に、沢木さんの答えはこうだ。「田村がどのくらい変わったかは僕に聞くより、他の選手に聞いた方が良いでしょう。」ジャパンラグビーリーグワン開幕を前に、沢木監督が考えるチーム作りは順調に進んでいるようだ。

今シーズンの目標は、「トップ4の壁をしっかり崩せるようになっていきたい。」さらにこう付け加えた。「ホームタウンもしっかり大事にして、パフォーマンス以外でも地域密着っていうのも大事。いろんな意味でもプロになっていなきゃいけない。」キヤノンは縁あって横浜をホームタウンとした。桐蔭学園高校や関東学院大学といった学生のカテゴリーで日本一はあっても、社会人、プロのカテゴリーで過去に横浜チームが日本を沸かせたことはない。日本第二の都市、横浜市にラグビーが湧きたつ日が来ることを楽しみにしたい。その結果として、一ラグビーファンとしては、沢木さんが日本代表監督になる日を早く見たいと思っている。

モリタニブンペイ


横浜キヤノンイーグルス・沢木敬介監督が目指す攻撃的ラグビー。「チームのスタイルをファンが支持してくれることでチームはできていく」

navi_sato.png

佐藤俊

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
sponcer_banner.jpg

NEXT

杉本早裕吏さん(新体操団体)

杉本早裕吏さんは愛知県出身の25歳。

6歳の時にお姉さんの影響で新体操を始め、高校2年生の時に新体操日本代表に選ばれます。

長い手足と柔軟性を生かしたしなやかな動きが持ち味。

強いリーダーシップを持ち、代表2年目、18歳の時から約8年間にわたって団体代表フェアリージャパンのキャプテンを務めました。

2019年の世界選手権では団体総合で44年ぶりの銀メダルを獲得。

リオデジャネイロ、東京とオリンピック2大会に出場し、見事8位入賞。

昨年11月、惜しまれながら現役を引退されました。

杉本早裕吏プロフィール.jpg

This Week Hero’s Music

『 栄光の架橋 / ゆず 』

yuzu eikounokakehashi_.jpg

車いすバスケットボール日本代表・香西宏昭選手のHero's Musicは、ゆずの『栄光の架橋』「リオデジャネイロパラリンピック終わってから大好きな子の曲を聴くのを止めたんですよ。まだ僕はいたってないなって。東京パラリンピックが終わってやり切ったって思えたら、また聴こうと思って勝手ながら封印して他局なんですよ。東京パラリンピックが終わって聴いてみて、ああいい曲だなって思って。いろいろ思い出しながらしみじみ聴きました。」