top of page

スポーツジャーナリスト・モリタニブンペイが、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。豊富なスポーツ取材経験を生かし、分かりやすい言葉でスポーツの本質に迫ります。ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、 リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。
アスリート出演情報は番組ツイッターで @HeroesLandmark アスリートへの質問は lsh@fmyokohama.jp

Hero’s Music

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

ando.jpg

安藤咲良

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

『 JIM ROCK /  清木場俊介  』

4988002795505.jpg

柔道日本代表・永山竜樹選手のHero's Musicは、清木場俊介の『JIM ROCK』。「本当に勝てない時期、自分が落ち込んでいる時期に、この曲と出会って、歌詞にもあるんですけど、打ちのめされても這い上がっていくみたいな、そういう歌詞になっていて、凄い苦しい時期に助けられたというか、この曲を聴いて、よっしゃ這い上がってやるっていう気持ちになったので、今も試合前も聴きますし、常に聴いてます。」

共生社会の実現のためには障がい者の意識改革も必要!

パラ陸上・兎澤朋美選手が創るのはレガシーじゃなく、未来だ!!


パラリンピックのレガシーとしてよく耳にする共生社会の実現には、健常者の理解促進の大切さが強調されるが、障害を持った方の意識改革も大切なんだという兎澤選手のお話、はっとさせられた。障害を持った方がもっともっと積極的に、行動的に社会に出ていくことで、社会の意識が変わり、スタンダードが変わっていく。

「私が海外遠征先で感じたのが、街に出てる障がい者の数が日本は少ないということ。例えばドイツ。物理的なバリアフリーは日本の方が整っていて、ドイツの駅はエレベーターもエスカレーターもなくて階段しかないみたいな所も多かったりするんですけれども、人が当たり前に助ける雰囲気がある。それは健常者、障がい者だけに関わらず、ベビーカーを押している方だったりとか、後はお年寄りの方だったりとか、後は全然本当に若い方でも凄い重そうな荷物を持っていらっしゃる方がいたら、あ、持とうかとか、そういう風な声掛けが当たり前に出来て、当たり前に助け合えている。障がいある人達も街に積極的に出ていくことで、健常者の方の目に触れる機会っていうのも増えていくと思いますし、必然的に目で見る機会が増えれば、そこに対して特別視するっていう風なことは薄れていくんじゃないかなっていうのは凄く感じてます。」

障がいを持った方が街にどんどん出ていくためには、自分自身の心の壁をまず乗り越える必要がある。兎澤選手ご自身も骨肉腫で小学校5年生の時に足を切断した後、4年以上義足であることを隠していたという。それが中学校卒業する直前に仲のいい友達に打ち明けたら、友人たちは何事もなかったように受け入れてくれた。その時、苦労して必死で隠す必要なんて全然なかったわけだ。

そして中学生の時、競技用の義足の体験会に出て兎澤選手の運命が変わる。「数年ぶりに自分が走ることで風を感じた時の気持ちよかった。」この体験を話している兎澤選手は、その時感じた風を受けているような晴れやかな表情をなさっていた。さらに兎澤選手と同じ様に義足の体験会に出た人が、諦めていたことの可能性に気付くという話をされている時は、自分事のように喜びにあふれた表情をしていた。

パラスポーツをすることで世界がどんどん広がっていくことを実感した兎澤選手がもっともっと活躍することで作っていくのはレガシーじゃなくて、多くの人の未来なんだと思った。

兎澤選手のお話、何かしらハンディキャップを持っている方、ハンディキャップはなくても自分の可能性を諦めている方に届くといいな、そう思う。

                モリタニブンペイ

podcast.png
sponcer_banner.jpg

来週のゲスト

畑大雅選手(湘南ベルマーレ)

畑大雅選手は東京都出身の22歳。

保育園のサッカー教室でサッカーと出会い

地元のサッカークラブから高校は市立船橋高校に進みます。

高校入学後、当時の朝岡隆蔵監督からサイドバックにコンバートされて才能が開花。

2020年、高校卒業と同時に湘南ベルマーレに加入。

力強い推進力とスピードを武器に1年目から頭角を現しました。

今年はJリーグの上位進出を狙うベルマーレと、

パリオリンピック代表での活躍が期待されています。

03_Taiga HATA_プロフィール.jpg
bottom of page