スポーツジャーナリスト・モリタニブンペイが、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。豊富なスポーツ取材経験を生かし、分かりやすい言葉でスポーツの本質に迫ります。ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、 リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。
アスリート出演情報は番組ツイッターで @HeroesLandmark アスリートへの質問は lsh@fmyokohama.jp

Hero’s Music

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

ando.jpg

安藤咲良

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

『 ハイライト / ベリーグッドマン 』

51jU9J72mkL._UX358_FMwebp_QL85_.webp

三菱重工相模原ダイナボアーズ・岩村昂太選手のHero's Musicは、WSTの『親孝行』。「何か親孝行っていう言葉が凄く好きで、僕のラグビーやっている中の理由の一つに、親に恩返しするっていうことがあるので、この曲を聴くとやってやろうっていう気持ちになりますね。ベリーグッドマンの『ハイライト』。

リオデジャネイロオリンピック体操金メダリスト・白井健三さんの素顔は教育者。

天職についた白井さんが育てる選手の登場が今から楽しみだ!!


リオデジャネイロオリンピック体操団体金メダリスト白井健三さん、24歳での引退から1年、現役時代と変わらない純粋な子供のようなキラキラに輝く目で楽しそうに話してくれた。違うのは、すっかり教育者になられていたこと。

いや、まさに教育者が天職だと思った。引退の理由は、その資質が垣間見られる。「自分の体操をすると同時に、後輩の大学生を教えた時に、本当に本当に嬉しそうな顔をしてこんなこと出来るようになりました、ちょっと健三さんに言ってもらって、ここ変えたら良くなりましたとか、そういったことを言ってきてくれるそのシーンが自分の成功より嬉しくなった。」

現役時代に一番嬉しかったことも、そんな白井さんを知ると頷ける。「『練習を健三さんについていけば間違えないと思うので健三さんと一緒に練習させて下さい』って言ってくれた後輩がいたんですね。それがどんな結果よりも嬉しくて、自分の練習を見ている後輩が認めてくれたっていうその瞬間が、競技人生で何より嬉しかった瞬間です。やっぱりオリンピックで金メダルだったり、世界選手権で金メダルっていうところがフォーカスされがちなんですけど、それっていうのは練習の良し悪し関係なく取った結果で言えてしまうものだと思うんです。なんですけど、そこに対しての運とかでなくて、過程を評価してくれる後輩がいたっていうところが本当に嬉しくて、この言葉が僕は一番体操人生の中で嬉しかった言葉です。」

教育者として、母校・日体大の教壇に立ち始めた白井さんが生徒に教えたいのは人間力だという。「例えばオリンピック代表チームで、勝てばいいって思っている人がいたかって言われるとそうではないですし、やっぱり勝ちに向けての過程を大事にする選手って凄く多かったんです。なので、どんな生き方をしている人であれ、何か特別な機会への過程っていうのを大事にしていきたい。大事にしていって欲しいっていう思いが強いんで、僕はその結果に対する過程の大事さっていうのをスポーツから学びました。」

いつか白井さんの二代目ひねり王子と呼ばれる人間力のある選手が出てくるはず。その日を楽しみに待ちたい。

             モリタニブンペイ

podcast.png
sponcer_banner.jpg

来週のゲスト

土田真由美選手

株式会社シグマクシス

土田真由美選手は、滋賀県出身の45歳。

生まれた時から股関節に障害があり、

2009年に知人のすすめで車いすバスケットボールを始めました。

正確なシュートを持ち味に、競技スタートからわずか1年で日本代表に選ばれ、2010年、イギリスで行われた世界選手権に出場しました。

2018年から女子チームの強豪「SCRACH」に所属しながら翌年からは男子チーム「パラ神奈川SC」でもプレー。

昨年開催された東京パラリンピックでは、女子日本代表として出場し、6位入賞を果たしました。

●土田真由美プロフィール写真_22A3210eye.jpg