top of page

スポーツジャーナリスト・モリタニブンペイが、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。豊富なスポーツ取材経験を生かし、分かりやすい言葉でスポーツの本質に迫ります。ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、 リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。
アスリート出演情報は番組ツイッターで @HeroesLandmark アスリートへの質問は lsh@fmyokohama.jp

Hero’s Music

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

ando.jpg

安藤咲良

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

『 君に捧げる応援歌  /   HIPPY   』

4988007278553_1MX.jpg

東洋大学所属 パラ競泳日本代表・田中映伍選手のHero's Musicは、HIPPYの『君に捧げる応援歌』。「高校2年生の時に、深井フィットネスっていうメンタルを強くするのと陸トレを出来る場所があって、そこに2年ほど通わせてもらってたんですけど、その時に流れていた曲がこれで、その曲を聴きながらいつもトレーニングをしていたこともあって、この曲を聴いていると何かキツイ時でも頑張れるので、この曲を僕のヒーローズミュージックにしています。」

ピュアは強さだ!

文田健一郎選手がはっきりと見据える金メダルへの道筋!!

文田健一郎選手は本当にピュアだ。グレコローマンの元選手のお父さんに導かれてグレコローマンの選手になり、お父さんの教え子、米満達弘選手がロンドンオリンピックで金メダル獲る瞬間を現地で見て、オリンピックで金メダルを意識するようになった。まんまとお父さんの策略に乗せられたように文田選手は話していたが、素直だからこそグレコローマンの魅力の虜になって、オリンピックへの純粋なあこがれが東京オリンピックの銀メダル獲得のエネルギーになったことは間違いない。

ただ時として、疑うことを知らない純粋さは弱さになる。金メダル確実と言われていた東京で届かなかったとき、何が足りないのか分からなくなる。そして深い霧の中をさまようことになった。「何が足りなかったんだろうなっていうのを考えながら、東京からのこの3年過ごして来た。自分のレスリングスタイルどうしていったらいいんだろうかとか、自分が投げ技が好きだけど、投げ技だけをやっていても勝てない、ただその投げ技を封印しても勝てない。凄く悩みながらレスリングに打ちこんできて、レスリング事態をあんまり楽しめない時期があるぐらい考えて、しっくりこなくてというのを繰り返してきた。」しかし、去年の世界選手権決勝で果敢に攻めてくる相手に、もっと自由にレスリングやっていいんだと気づいて試合中に楽しくて、ずっと試合がしていたくなった。立ち返ったのはレスリングをする本当にピュアな喜びだった。

文田選手の場合、ピュアであることは強さなのだ。

文田選手は言う、「東京オリンピック前と金メダルの見え方が違う」と。「東京オリンピックの時は獲得しなきゃいけない、決められたこと。今の地位を守ろうという感覚だったが、今はやらなきゃいけないこと、やりたいことをやっていれば自然と金メダルに届くという風に考えています。」銀メダルを手にしても迷い、不安になっていた文田選手の姿はない。その目は自信に満ち溢れ、落ち着いたまなざしでただ世界の頂を見つめている。

番組で文田選手はパリの表彰台でにゃんこポーズ披露を約束してくれた。その時、満面の笑顔の文田選手の胸には金メダルが輝いていることだろう。

                  モリタニブンペイ

podcast.png
sponcer_banner.jpg

来週のゲスト

BT・テーブス ヘッドコーチ

(富士通レッドウェーブ)

BT・テーブス ヘッドコーチはカナダ出身の58歳。

実業団の黒田電気ブリット・スピリッツで選手として日本でのキャリアをスタート。

その後、カナダ、ドイツのチームを渡り歩き、1996年から指導者となります。

富士通レッドウェーブでは、2013年にアソシエイトヘッドコーチに就任し、翌シーズンからHCに昇格。

2016年からは活躍の舞台をBリーグへと移すと、サンロッカーズ渋谷、富山グラウジーズでキャリアを積み、2018年から再び富士通のヘッドコーチに復帰。

そして今シーズン、リーグ戦をレギュラーシーズン1位となった勢いそのままにプレーオフファイナルでデンソーアイリスを破り

16年ぶりのWリーグ優勝を果たしました。

BT 正面写真.jpg
bottom of page