スポーツジャーナリスト・モリタニブンペイが、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。豊富なスポーツ取材経験を生かし、分かりやすい言葉でスポーツの本質に迫ります。ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、 リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。
アスリート出演情報は番組ツイッターで @HeroesLandmark アスリートへの質問は lsh@fmyokohama.jp

Hero’s Music

『  努努-ゆめゆめ / ONE OK ROCK』

51t2da+30ZL.__AC_SY300_SX300_QL70_ML2_.jpg

競泳平泳ぎ日本代表・武良竜也選手のHero's MusicはONE OK ROCKの『努努-ゆめゆめ』。「凄く元からONE OK ROCKが好きで、その中でもこの曲は凄く何て言うんだろうな、力を貰えるっていうか、それこそ気持ちが落ち込んでいる時に聴くではないですけど、その中の歌詞である、ゆめは見るもんじゃなくて叶えるもんでしょっていうところがあって、やっぱり夢は見るだけじゃだめなんだな、叶える為に、さっき言ったんですけど、努力する必要があるんだなっていう風に、夢を目標に変えるっていうのが大事なのかなって感じさせられます、この曲を聴いて。」

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

ando.jpg

安藤咲良

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

言葉を最高の結果で形にする!ウルフ・アロン選手が体現するスポーツヒーロー。

「全ての大会の中で、柔道選手としては一番価値のあるメダルだった。」地元・新小岩の駅には、お祝いのポスターが張り出され、行きつけの唐揚げ屋さんは1年間無料のサービスが始まった。身近なことから、本人がSNSにつぶやいていたアロンアルフアのCM出演も実現した。

エピソードはバラエティー番組に引っ張りだこのウルフ選手らしいものだが、どれも「オリンピック優勝したことによってこれまで自分自身がやって来た努力が間違ってなかったっていう風に感じることが出来た、やって来たことが報われたな。」と思えるものだったのだろう。

本人は、苦労した様子を見せないが、もちろん世界の頂点に立つ為の努力ははかりしれないものがあった。ウルフ選手が無類の強さを誇る延長戦、別名「ウルフタイム」に表れていた。「僕はそこまで技っていう部分で他の選手を圧倒する力がなかったので、そう考えた時に自分自身が何を伸ばせるのかって考えた時にスタミナっていくらでも伸ばす方法ってトレーニングとかであるので、まずはそこを伸ばそうってことで本当に中学校くらいから走り込んだりとか、サーキットトレーニングを行うようにして、スタミナっていう一点では誰にも負けないようにする努力はしました。」

オリンピック前から、ウルフ選手は「負けない柔道」という言葉を繰り返していた。最後まで負けなければ、金メダルということではない。「勝ちたいって気持ちより負けたくないっていう気持ちのが強いと僕は思ってて、勝ちたいだと負けてもまた次勝てばいいやって考えることも出来るんですけど、負けたくないって考えると後は勝つしかないので、まずはそういう気持ちの持ち方を普段からするようにはしています。」

次の目標はパリオリンピックでの連覇。ウルフ選手はそこまでの無敗は望んでいない。「負けた時とか失敗した時にその失敗した理由をしっかりと探して、次負けないように、成功するように成功の欠片をたくさん集めるのが大事なんじゃないかと思っています。」

元々、お話は上手なウルフ選手は、言葉を結果として形にした。「僕にとってのスポーツヒーローは試合で勝つのはもちろんですけど、ひとりの人間としても周りから尊敬されるような、そんな人間像だなと思います。」東京オリンピック柔道金メダリストの言葉には説得力がある。注目度の増したウルフ選手の今後はスポーツの発信力、影響力を形にしてみることになる、そう思う。

                   モリタニブンペイ


podcast.png
sponcer_banner.jpg

来週のゲスト

デーデー・ブルーノ選手(陸上短距離)

デーデー・ブルーノ選手は長野県の22歳。

高校2年生から陸上競技を始め、東海大学4年生だった昨年、日本学生陸上競技個人選手権で優勝。

さらに、日本陸上競技選手権大会では100メートル、200メートルともに自己ベストを記録し準優勝。

東京オリンピック4×(かける)100メートルリレーの

日本代表に選出されました。

3年後のパリ・オリンピック、日本短距離のエース候補です。

来月の陸上の日本選手権を前に初独占インタビューです。

デーデーブルーノ.jpg