top of page

スポーツジャーナリスト・モリタニブンペイが、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。豊富なスポーツ取材経験を生かし、分かりやすい言葉でスポーツの本質に迫ります。ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、 リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。
アスリート出演情報は番組ツイッターで @HeroesLandmark アスリートへの質問は lsh@fmyokohama.jp

Hero’s Music

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

ando.jpg

安藤咲良

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

『  クソッタレが原動力    /  強   』

zaP2_G2929120W.jfif

セルティックFC、岩田智輝選手のHero's Musicは、強の『クソッタレが原動力』。「この歌の歌詞、内容が凄く自分の中では胸に響きますし、試合前には必ず聴いている曲です。」

どこにいっても我らがガンちゃん!

セルティックFC岩田智樹選手はどんなステージ、どんな状況でも頑張り続ける!!

我らがガンちゃん、岩田智輝選手はスコットランドに渡ってもマリノス愛に溢れていた。今もマリノスの試合を全部チェックしていて、AFC決勝もスコティッシュプレミアシップ優勝を決めた直後なのに、やはり元マリノスの前田大然選手と一緒に見ていたというのには驚いた。慣れない外国に行ってもマリノス時代からのチームメイト前田選手と家族ぐるみで、交流しながら頑張っているという話も、ファンとしては何とも嬉しい話だ。

同郷の松原健選手とは帰国する前から連絡を取っている。奥様も横浜が好きで、帰国してすぐ横浜にきて、チームにも顔を出した。2022年、横浜Fマリノス優勝に貢献したシーズンMVPの岩田選手はマリノスファンにとって忘れられない特別な存在なわけだが、岩田選手にとってもマリノスが特別なチーム、横浜がかけがえのない思い出の街だということが確認できたことも本当に嬉しかった。

岩田選手、ご自分の良いところは頑張り続けるところだという。「自分がどの立場になっても、どんな状況でもやるべきことはやりますし、どのステージに行っても、まだまだ上を目指したいとは思ってます。」強い向上心があったからこそ、J3でプロになった選手として初めてのJ1リーグMVPになれたのだろう。さらにマリノス入団時に強化部の人から「現状維持は退化って言われた言葉は、凄く心に響いています。常に成長、進化を求めていきたい」。

J3から始まったプロ人生、J2、J1、そしてスコットランド、次なる目標はイングランドプレミアリーグだ。どんどん駆け上がっていって欲しい。

どこに行ってもガンちゃんはガンちゃん、マリノスファンの皆さん、応援していきましょう!

               モリタニブンペイ

podcast.png
sponcer_banner.jpg

来週のゲスト

鳥居陽生選手(ゴールボール日本代表)

鳥居陽生選手は小田原市出身の19歳。

幼いころから野球を始め、ピッチャーやショートなどで活躍。

中学時代、小田原足柄リトルシニアの選手として

リトルシニア全国選抜野球大会にも出場しています。

明徳学園相洋高等学校では野球部に入部するも、1年生の終わりにレーベル遺伝性視神経症と診断されます。

野球をプレーすることは断念しましたが、3年生で引退するまで野球部で活動。

ゴールボールは高校2年生の秋頃から本格的に始め、野球で鍛えたスローイングを活かして瞬く間にトップ選手となります。

日本代表として臨んだ杭州アジアパラ競技大会では、銀メダル獲得に貢献。

パリパラリンピックでも活躍が期待されています。

torii_202402.jpg
bottom of page