スポーツジャーナリスト・モリタニブンペイが、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。豊富なスポーツ取材経験を生かし、分かりやすい言葉でスポーツの本質に迫ります。ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、 リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。
アスリート出演情報は番組ツイッターで @HeroesLandmark アスリートへの質問は lsh@fmyokohama.jp

Hero’s Music

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

ando.jpg

安藤咲良

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

『 ハイライト / ベリーグッドマン 』

51jU9J72mkL._UX358_FMwebp_QL85_.webp

三菱重工相模原ダイナボアーズ・岩村昂太選手のHero's Musicは、WSTの『親孝行』。「何か親孝行っていう言葉が凄く好きで、僕のラグビーやっている中の理由の一つに、親に恩返しするっていうことがあるので、この曲を聴くとやってやろうっていう気持ちになりますね。ベリーグッドマンの『ハイライト』。

移籍で再び輝きを取り戻した岩村昂太選手。

新キャプテンは行動でチームを引っ張る!

スクラムやモール、ラックのそばで、掻き出されたボールを最初に拾ってバックス陣にパスを回すスクラムハーフ。チームにひとりだけ、パスでチームのリズムを司るポジションなだけに、替えがきかない。レギュラーは代えにくく、逆にケガや故障をしてひとたびチームを離れると、再びポジションを掴むのは容易ではない。岩村昂太選手もルーキーイヤーから出場したトヨタヴェルブリッツで故障をきっかけに、出場機会を失った。「ラグビーが楽しくないと感じることがあって、今まで僕のラグビー人生の中でいくら試合に出れなくても、楽しくないと思うことはなかった。」そしてその時、移籍を考えた。そして三菱重工相模原ダイナボアーズに移籍した。

移籍が成功だったことは、チームのディビジョンワン昇格、新シーズン前に岩村選手がキャプテンに就任したことでわかる。「ポテンシャル高い選手も一杯いますし、素晴らしいスタッフ達もいて、試合にもたくさん出して貰って凄い充実した一年だったなって感じはしてます。ディヴィジョンワン目指して全員で頑張っていたところもそうですし、それこそトヨタで出れなかった悔しさがあって、ここで結果出せなかったら本当にラグビーを辞めるじゃないですけど、もうトップで諦めなきゃいけないかなって自分にプレッシャーをかけながらずっとやっていた一年だったんで、そう言った面では結果出してちょっとほっとしたっていうところはあります。」

チームの白崎孝紀広報によると岩村選手はサッカー元日本代表のキャプテン長谷部誠選手のような人。キャプテンになるべくしてなった性格、人間性で、パスも良いしディフェンスも安定しているし、キックの精度も高いという整った選手だという。このことを本人に向けると「恐れ多い」と言いながら自身のキャプテン像をこう語ってくれた。「まずは口で言うよりは自分がしっかり行動で示してみんなについてきてもらいたいなと思っています。」長谷部選手同様、満点な答えだ。

今シーズンの目標は「何位になると言うよりは、まずは自分達のラグビーを試合で表現出来るように頑張っていきたい」という。その先には「もっと地域の皆様、そしてファンの皆様に愛されるようなチーム作りをみんなでやっていけたらいいなと思います。」というさらに大きな目標があった。

ダイナボアーズは、どこのチームよりも早く7月に練習を開始してハードワークを続けてきた。三菱重工相模原ダイナボアーズに移籍して再び輝き始めた新キャプテンの元、ディビジョンワンで緑の旋風を巻き起こしてほしいものだ。

              モリタニブンペイ

podcast.png
sponcer_banner.jpg

来週のゲスト

土田真由美選手

株式会社シグマクシス

土田真由美選手は、滋賀県出身の45歳。

生まれた時から股関節に障害があり、

2009年に知人のすすめで車いすバスケットボールを始めました。

正確なシュートを持ち味に、競技スタートからわずか1年で日本代表に選ばれ、2010年、イギリスで行われた世界選手権に出場しました。

2018年から女子チームの強豪「SCRACH」に所属しながら翌年からは男子チーム「パラ神奈川SC」でもプレー。

昨年開催された東京パラリンピックでは、女子日本代表として出場し、6位入賞を果たしました。

●土田真由美プロフィール写真_22A3210eye.jpg