top of page

スポーツジャーナリスト・モリタニブンペイが、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。豊富なスポーツ取材経験を生かし、分かりやすい言葉でスポーツの本質に迫ります。ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、 リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。
アスリート出演情報は番組ツイッターで @HeroesLandmark アスリートへの質問は lsh@fmyokohama.jp

Hero’s Music

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

ando.jpg

安藤咲良

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

『 栄光の架橋 / ゆず 』

yuzu eikounokakehashi_.jpg

横浜DeNAベイスターズ楠本泰史選手のHero's Musicは、ゆずの『栄光の架橋』。「大学生の時に野球を嫌いになりそうな時期がありまして、その時ケガもしていて野球が出来ないっていう悔しさとかもどかしさがある時期があったんですけど、そこで辞めずに周りの人達にも支えられて野球ももう一回頑張ろうと思えた時に、グサッと来る曲でした。」

ハマの公務員の残業に付き合う準備は出来ていますか!?

ベイスターズの右のエース、大貫晋一投手は誠実な働き者だった!!

シーズン11勝を挙げ、横浜DeNAベイスターズの“横浜反撃”の立役者となった大貫晋一投手は「規定投球回クリア」という言葉を何度も繰り返した。今シーズン規定投球回に達しなかったことが一番の心残りだったからだ。

「長いイニング投げたいっていう気持ちは凄く強いので、6回の壁、5回、6回をいかに抑えるかっていうのが長いイニング投げる為には必要だと思いますし、セリーグなので自分の打席っていうのもあるので、打順の巡りで変わっちゃうなんていうこともあるので、バッティングもしっかりしていかなきゃいけないなっていうのは今シーズンは特に思いました。」こうも言った。「ちまたではハマの公務員って呼ばれているのももちろん分かっているので、来年はしっかり残業出来るようにしていきたいと思います。」

公務員、うまいことをいう。大貫投手の話を聞いていると、その誠実で生真面目な性格がよくわかる。大貫投手は今シーズンただ一人1年を通してローテーションを守り抜いた。欠勤が多いようでは、公務員は務まらない。自己管理を徹底し、目標を立てて日々努力をして今の地位を築いた、その成果が“ハマの公務員”に結実しているわけだ。

思えば大貫投手の野球人生はエリートとは程遠い。横浜青葉シニアでは出場メンバー外になることもあった。桐陽高校時代甲子園出場はかなわず、日体大では2年時にトミー・ジョン手術を受け、1年以上投げられない日々を過ごしている。プロから注目されるようになったのは社会人の新日鐵住金鹿島3年目の春、

都市対抗野球1回戦で完封した頃からだった。ご本人もそのころまで「自分がプロになれるとは思っていなかった」と言う。

コツコツと努力を積み重ね、諦めなかった大貫投手は、横浜で生まれ育った野球少年なら誰もが抱くベイスターズの選手になってハマスタでプレーするという夢を叶えた。目下の目標は来シーズンの規定投球回数クリアと10年現役生活をすること。オフシーズンも研究を怠らず、鍛錬する大貫投手にとっては、そう難しいことではない。

横浜、悲願の優勝へ。来シーズン、ハマの公務員の残業に付き合うのが、今から楽しみだ!

                 モリタニブンペイ

podcast.png
sponcer_banner.jpg

来週のゲスト

加藤健志さん

(東海大学水泳部ヘッドコーチ

東海大学水泳部・加藤健志ヘッドコーチは

愛媛県出身の57歳。

東海大学で30年以上の指導歴を持つ加藤さんは、

2004年アテネ五輪代表の今村元気さんや

元日本代表の田村菜々香さんらを輩出し、

2016年リオデジャネイロオリンピックでは

女子200メートル平泳ぎの金藤理絵さんを

金メダルに導きました。

現在は瀬戸大也選手や、坂井聖人選手、

平井彬嗣選手ら大学や所属の垣根を越えて多くの選手を指導しています。

加藤さんの人をその気にさせて伸ばす極意に迫りたいと思います。

スクリーンショット 2022-11-14 22.06.14.png
bottom of page