top of page

スポーツジャーナリスト・モリタニブンペイが、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。豊富なスポーツ取材経験を生かし、分かりやすい言葉でスポーツの本質に迫ります。ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、 リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。
アスリート出演情報は番組ツイッターで @HeroesLandmark アスリートへの質問は lsh@fmyokohama.jp

Hero’s Music

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

ando.jpg

安藤咲良

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

『 箒星  /   Mr.Children   』

41CRPXRD6VL._UF1000,1000_QL80_.jpg

川崎フロンターレ、高井幸大選手のHero's Musicは、Mr.Childrenの『箒星』。「親が聴いてて、試合前とかは聴かないんですけど、普通に聴きたい時に聴いてます。」

「他の人と違いがあるのは嬉しい」

“障害があるものの”は間違いと気づかされる田中映伍選手の自然体の自己肯定感。

「正直、両腕がないことを嫌だと思ったことがない。そういうものだと思っていたので、欲しいと思うこともなく、むしろ両腕がないっていう、何か他の人とは違う、生まれてきた時点で違いが他の人とはあるっていうのが、むしろちょっと嬉しい。」ご自身のハンディキャップについてどう思っているかとの問いに、田中映伍選手はきっぱりと言った。

その言葉は強かった。パラアスリートを語る時、「障害があるものの」枕詞がよくつかわれる。田中選手に会って、そう語ることは間違いだと気づかされた。

田中選手は子供のころからサッカーやスケボー、サーフィン、やりたいと思ったこと全部やってきた。ご両親は、田中選手がやりたいことをやらせる。子供の意思を尊重する一方で、何でも一人でやること、自立も促していた。「人生の中で、アスリート人生はその半分もないと思うので、自分もやっぱり自立をして1人の大人として生きていきたい。」

まず人間として自立すること。田中選手はパラリンピックに出るという目標から逆算して練習環境を整えた。コーチが付いてからは、練習メニューを与えてもらえるのが嬉しかったという。コーチが付いて田中選手、記録を急激に伸ばした。強化選手となって日本代表、パラリンピアンの先輩、鈴木孝幸選手や木村敬一選手のアドバイスももらってさらに成長速度を速めてきた。

田中選手の視線はパリのさらに先のロサンゼルスパラリンピック、ブリスベンパラリンピックまで見据えている。

茅ケ崎市の皆さん、そして神奈川の皆さん、僕らの街のスポーツヒーロー田中映伍選手、応援しましょう!

          モリタニブンペイ

podcast.png
sponcer_banner.jpg

来週のゲスト

鈴木透生選手(水球日本代表)

鈴木透生選手は山形県出身の24歳。

小学1年生から地元のクラブで水球をはじめ、

高校は「日本代表に入る目標をかなえるには、ここしかない」と水球の強豪、埼玉の秀明英光高校に進学。

さらに日本体育大学と、水球のエリートコースを歩み、大学4年生で東京オリンピックに出場しました。

おととしから日本代表のキャプテンとしてチームを引っ張り、水球男子は昨年10月に中国で行われた杭州アジア大会で53年ぶりに優勝。

3大会連続のオリンピックとなるパリへの出場権を獲得しました。

攻撃から守備まで様々なポジションをこなす鈴木選手は日本代表の要、そして日本が世界を驚かすためのキープレーヤーです。

鈴木透生選手プロフィール.jpg
bottom of page