スポーツジャーナリスト・モリタニブンペイが、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。豊富なスポーツ取材経験を生かし、分かりやすい言葉でスポーツの本質に迫ります。ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、 リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。
アスリート出演情報は番組ツイッターで @HeroesLandmark アスリートへの質問は lsh@fmyokohama.jp

Hero’s Music

『  努努-ゆめゆめ / ONE OK ROCK』

51t2da+30ZL.__AC_SY300_SX300_QL70_ML2_.jpg

競泳平泳ぎ日本代表・武良竜也選手のHero's MusicはONE OK ROCKの『努努-ゆめゆめ』。「凄く元からONE OK ROCKが好きで、その中でもこの曲は凄く何て言うんだろうな、力を貰えるっていうか、それこそ気持ちが落ち込んでいる時に聴くではないですけど、その中の歌詞である、ゆめは見るもんじゃなくて叶えるもんでしょっていうところがあって、やっぱり夢は見るだけじゃだめなんだな、叶える為に、さっき言ったんですけど、努力する必要があるんだなっていう風に、夢を目標に変えるっていうのが大事なのかなって感じさせられます、この曲を聴いて。」

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

ando.jpg

安藤咲良

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

バレーボールが導く石井美樹選手の人生。ゴールはパリの笑顔だ!

「バレーボールは私にとって、人生を変えてくれるスポーツだと思っています。」

物心ついた時から石井選手の側にはバレーボールがあった。傍目には高校、実業団と順調に進んでいるように見えたキャリアだが、石井選手は6人制でのさらなる上積みに限界を感じていた。それがビーチバレーボールは違った。「インドアだと172センチだと小さくて代表には選ばれない感じだったが、ビーチバレーは、そういうのがない。みんなに平等で、代表になれる可能性がある競技だなと思っています。」スポーツ選手ならだれもが夢見るオリンピックへの道。6人制では諦めていた日本代表が見えてきた時、石井選手の人生は大きく変わる。

「ビーチバレーの魅力は、本当に一個のプレーに対して限界がないと思っていて、本当に飽き性なんで、ビーチバレーは風もあったりとか、砂が深かったりとかもするので、そういうので技術がぜんぜん違う技術になってくるので、本当にいろんな技術をやっていく、本当に限界がないところが、私をたぶん奮い立たせているんだと思います。」プレーする人数が2人で選手交代もない。1人でカバーしなければならない範囲は当然広く、砂地は動きづらく、屋外は日差しや風、砂質も大きく影響する。やればやるほど奥深い、それがビーチバレーなのだ。

スパイクもレシーブもトスも、ひとり何役もこなすビーチバレーでトップに立つために石井選手は全てのプレーを極めようとした。「周りの選手達よりも年数が少ないので、ボールを単純に触っている回数が少ないので、その人達に追い越そうと思った時にやっぱり回数を触んなきゃなと思って、スパイクにしてもトスにしてもサーブにしても、もう本当に本数をずっと、感覚が良くなるまでずっとやってるっていう感じでした。練習量はもう半端ないです。午前3時間、午後3時間、もしくは4時間、7時間ぐらいはやってます。でもそれでも足りないって思ってました。自分の中では。」

そこまでやっても、オリンピックで1勝は遠かった。(不戦勝ではないという意味で)生来の負けず嫌いは、東京オリンピックで引退を考えていた石井選手をパリへと向かわせた。「もういいやって思って選手村を出た瞬間にちょっと寂しくなっちゃって、私まだビーチバレー続けた方がいいなって思ったのと、1勝も出来なくて東京オリンピック終わっちゃったので、ちょっと悔しいっていう思いもあって、パリまで3年あったので、3年はあっという間だなと考えた時にパリ目指そうって思ってすぐ動き出しました。」

今、またバレーボールが石井選手の人生を大きく変えようとしている。パリで選手村を笑顔出る石井選手のゴールを見たいものだ。

モリタニブンペイ

podcast.png
sponcer_banner.jpg

来週のゲスト

デーデー・ブルーノ選手(陸上短距離)

デーデー・ブルーノ選手は長野県の22歳。

高校2年生から陸上競技を始め、東海大学4年生だった昨年、日本学生陸上競技個人選手権で優勝。

さらに、日本陸上競技選手権大会では100メートル、200メートルともに自己ベストを記録し準優勝。

東京オリンピック4×(かける)100メートルリレーの

日本代表に選出されました。

3年後のパリ・オリンピック、日本短距離のエース候補です。

来月の陸上の日本選手権を前に初独占インタビューです。

デーデーブルーノ.jpg