top of page

スポーツジャーナリスト・モリタニブンペイが、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。豊富なスポーツ取材経験を生かし、分かりやすい言葉でスポーツの本質に迫ります。ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、 リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。
アスリート出演情報は番組ツイッターで @HeroesLandmark アスリートへの質問は lsh@fmyokohama.jp

Hero’s Music

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

ando.jpg

安藤咲良

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

『 君に捧げる応援歌  /   HIPPY   』

4988007278553_1MX.jpg

東洋大学所属 パラ競泳日本代表・田中映伍選手のHero's Musicは、HIPPYの『君に捧げる応援歌』。「高校2年生の時に、深井フィットネスっていうメンタルを強くするのと陸トレを出来る場所があって、そこに2年ほど通わせてもらってたんですけど、その時に流れていた曲がこれで、その曲を聴きながらいつもトレーニングをしていたこともあって、この曲を聴いていると何かキツイ時でも頑張れるので、この曲を僕のヒーローズミュージックにしています。」

憧れは憧れを生む!横浜ビー・コルセアーズ初のユース出身、キング開選手が子供たちに果たしたい責任

横浜生まれ、横浜育ちで横浜ビー・コルセアーズのユース出身のキング開選手にとってビーコルは特別なチームだ。「本当にずっと小っちゃい頃から見ていたチームで、BJリーグの時に優勝した時も観戦してました。今自分がそのトップチームとして入っているのは凄い感慨深い。」自分が憧れていたチームでプレーする歓びを感じている分、同じ様にキング開選手自身がユースや横浜の少年少女にとって、憧れの存在になることに強い責任を感じていた。「ユース出身で初めてトップチーム選手になった者として、後に続く選手が増えてくれば、自分としてもこの道を選んだのは正解だったなっていうのは思いますし、今ユースに入っている子達に頑張ればプロにも行けるという、希望とか夢を与えたい。」

キング選手自身が子供の頃からプレー面で憧れてきたのはNBAメンフィス・グリズリーズのデリック・ローズ選手だ。信じられないようなスピードでアクロバティックなプレーをする、ポイントガードの選手だ。お手本にしたのはプレーだけではない。「僕は昨シーズンケガして手術して、2か月ぐらいバスケが出来ない時期があったんですけど、その時は、ローズもケガでワンシーズン出来ないこともあった。でも必ずリハビリ頑張って復帰して今も活躍しているって思うと、自分もリハビリ頑張ってよりいい選手になって帰ってこようっていうのは、気持ちの面で支えられた。」プレーやその振る舞いまでも、スポーツヒーローの系譜というのは憧れが繋いでいくものなのだ。

パリオリンピックのバスケットボール3×3日本代表入りを目指すキング開選手だが、パリは通過点だという。「選ばれればもちろんそこで終わりではないですし、選ばれなくても24でこれから自分が選手としてのピークを持ってくのであれば、その4年後のロスのオリンピックは絶対に入りたいっていう気持ちになりますし、ちょうどロスは28になるので、選手としてもキャリアのピークっていうか、ちょうどいい時期に来ると思うので。」

プロになるならサイズが足りないと大学でポイントガードになったように、キング選手は常に数年先を見据えている。それは自らが憧れになるために必要なことなのだろう。目標は達成すれば終わるが、憧れにはきりがないのだから。

                      モリタニブンペイ

podcast.png
sponcer_banner.jpg

来週のゲスト

BT・テーブス ヘッドコーチ

(富士通レッドウェーブ)

BT・テーブス ヘッドコーチはカナダ出身の58歳。

実業団の黒田電気ブリット・スピリッツで選手として日本でのキャリアをスタート。

その後、カナダ、ドイツのチームを渡り歩き、1996年から指導者となります。

富士通レッドウェーブでは、2013年にアソシエイトヘッドコーチに就任し、翌シーズンからHCに昇格。

2016年からは活躍の舞台をBリーグへと移すと、サンロッカーズ渋谷、富山グラウジーズでキャリアを積み、2018年から再び富士通のヘッドコーチに復帰。

そして今シーズン、リーグ戦をレギュラーシーズン1位となった勢いそのままにプレーオフファイナルでデンソーアイリスを破り

16年ぶりのWリーグ優勝を果たしました。

BT 正面写真.jpg
bottom of page