top of page

スポーツジャーナリスト・モリタニブンペイが、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。豊富なスポーツ取材経験を生かし、分かりやすい言葉でスポーツの本質に迫ります。ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、 リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。
アスリート出演情報は番組ツイッターで @HeroesLandmark アスリートへの質問は lsh@fmyokohama.jp

Hero’s Music

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

ando.jpg

安藤咲良

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

『 栄光の架橋 / ゆず 』

yuzu eikounokakehashi_.jpg

横浜DeNAベイスターズ楠本泰史選手のHero's Musicは、ゆずの『栄光の架橋』。「大学生の時に野球を嫌いになりそうな時期がありまして、その時ケガもしていて野球が出来ないっていう悔しさとかもどかしさがある時期があったんですけど、そこで辞めずに周りの人達にも支えられて野球ももう一回頑張ろうと思えた時に、グサッと来る曲でした。」

日本が誇る名ランナー瀬古利彦さんが語る箱根駅伝

2023年最初のゲストは日本が誇る名ランナー瀬古利彦さん。フルマラソン15戦10勝、後にも先にも日本人で、こんなに強かった選手は瀬古さんだけ。新春の風物詩、箱根駅伝について瀬古さんに伺う企画。早稲田大学のエースとして4年連続花の2区を走り、3,4年次は区間新を記録した瀬古さんなら、ここ数年、日本長距離界が掲げるスローガン「箱根から世界へ」の道筋が見えると思いきや、その期待は端から裏切られた。

「3年生と4年生で区間新記録ですけど、楽に獲れましたね。練習だったの、僕にとっては、はい。」瀬古さんは入学と同時に、恩師・中村清監督から4年後のモスクワオリンピックのマラソン出場を厳命された。そして42.195キロでオリンピック表彰台を狙っていたので、20キロちょっとの箱根は楽だったというのだ。

瀬古さんの箱根今昔物語は仰天エピソードばかり。当時、監督が乗る運営管理車はホロのないジープ。吹きさらしのジープに乗った中村監督は4年生に独特の活を入れた。「私も実際4年生の最後の1キロで校歌歌って貰いました。都の西北って、もう聴いた瞬間に涙がウワーっ、俺は最後だ、よし命がけで走ろうってね、そういう気持ちになるんです。4年生にだいたいみんな、卒業のお祝いに歌う。みんなだいたい泣きますね。」泣きながらゴールしてくるランナーがテレビで映し出されたら、今なら大変なことになりそうだ。そう、当時はテレビ中継は10区だけ。そのほかは2日と3日の深夜に、それぞれハイライトが放送されるだけだった。

1987年から始まった全レースのテレビ中継は箱根駅伝を大きく変えた。「関東大学駅伝って言うんですけど、テレビ中継のおかげでもう全国の箱根駅伝になりましたからね。箱根駅伝はいい宣伝ですよね。やっぱり名前を売るとですね、いい学生も入ってくるし。」近年は大学の名前を売りたい新興勢力の活躍も目覚ましい。瀬古さんによれば日本長距離強化の上でも良い循環が生まれているという。「結構最近のマラソンはみんな箱根駅伝の出身者ばっかりで。田沢君がいるおかげで、やっぱり今、駒沢の1年生は佐藤君、彼もね、田沢君と一緒に練習したい、世界を目指したいってね、超高校級が入ってくれる訳ですよ。」

今年の箱根は駒澤大学大本命といわれているが、瀬古さんによれば「選手は生身ですから、何が起こるか分かりません」とのこと。いろいろ予想しながら見るのが、やっぱり一番のようだ。

瀬古さんのリクエスト曲は、まさかの早稲田の応援歌『紺碧の空』。最後は早稲田の応援のようになったが、新年早々楽しい話聞けて、今年も良い年になりそうだ。

皆さん、2023年もよろしくお願いいたします

                 モリタニブンペイ

podcast.png
sponcer_banner.jpg

来週のゲスト

加藤健志さん

(東海大学水泳部ヘッドコーチ

東海大学水泳部・加藤健志ヘッドコーチは

愛媛県出身の57歳。

東海大学で30年以上の指導歴を持つ加藤さんは、

2004年アテネ五輪代表の今村元気さんや

元日本代表の田村菜々香さんらを輩出し、

2016年リオデジャネイロオリンピックでは

女子200メートル平泳ぎの金藤理絵さんを

金メダルに導きました。

現在は瀬戸大也選手や、坂井聖人選手、

平井彬嗣選手ら大学や所属の垣根を越えて多くの選手を指導しています。

加藤さんの人をその気にさせて伸ばす極意に迫りたいと思います。

スクリーンショット 2022-11-14 22.06.14.png
bottom of page