スポーツジャーナリスト・モリタニブンペイが、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。豊富なスポーツ取材経験を生かし、分かりやすい言葉でスポーツの本質に迫ります。ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、 リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。
アスリート出演情報は番組ツイッターで @HeroesLandmark アスリートへの質問は lsh@fmyokohama.jp

Hero’s Music

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

ando.jpg

安藤咲良

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

『 ハイライト / ベリーグッドマン 』

51jU9J72mkL._UX358_FMwebp_QL85_.webp

三菱重工相模原ダイナボアーズ・岩村昂太選手のHero's Musicは、WSTの『親孝行』。「何か親孝行っていう言葉が凄く好きで、僕のラグビーやっている中の理由の一つに、親に恩返しするっていうことがあるので、この曲を聴くとやってやろうっていう気持ちになりますね。ベリーグッドマンの『ハイライト』。

プロサーファー・脇田紗良選手は東京オリンピック代表落ちの悔しさを胸に世界に挑む!

自然を相手にするサーフィンのトッププロは他の競技のアスリートとは、考え方が少し違っていた。「自然相手なので、やっぱりサーフィンって運も関わってくると思うんですけど、日頃の生活習慣とかで運も自分が作れるので、そこにも自分は自信を持って任せちゃっているってところもあります。試合前とかはもう自分で呼び寄せて、絶対自分の実力と後は自分で運を掴みにいくみたいなマウンドセットで入っているんですけど、やっぱり試合が終わってみると、自分のサーフィンはそこにあったけど、波が来なかったとか、タイミングが悪かったとか、必ず年間8試合あれば1回、2回、もしくは半分以上ある時もあるので、そういう時はそこでモチベーションを下げるよりは、今回は自分は運がなかったもうしょうがない、じゃあもう次こうやって頑張ろうっていう切り替えにしてます。」運は呼び込むものという考え方と運はどうしようもないこともあるという運命論者的な考え方だ。

そんな脇田選手が運と片付けられなかったのが東京オリンピック代表を目前で逃したこと。「やっぱり自分が一緒に戦ってきた子がオリンピックに出てて、自分は家でそのオリンピックを見てるってのが凄い悔しかった。会場も自分がいつも練習していた所だったので。それが自分のモチベーションにも繋がった。」東京オリンピックでは仲の良い都筑有夢路選手が銅メダルを獲得した。

脇田選手は今、サーフィンのチャンピオンツアーというカテゴリーを目指している。それは最高峰のカテゴリーで、ここで年間チャンピオンになることが本物の世界チャンピオンになることだ。それでも脇田選手はオリンピックに別の価値を感じていた。「オリンピック競技になるっていうと、自分も卓球とか野球とかと同じ目線で見られているのが凄い嬉しいなっていうのは感じて、オリンピック競技になって知名度とか、サーフィンの知名度とかが凄い一気に上がって、やっぱりオリンピックってスポーツとして認められたから凄い人気が出たんだなっていうのは思って、だからそこに自分が出れるってなると、世界のアスリートと戦えるのもやっぱり一番嬉しいところなんですけど、その認められたスポーツのところで自分も出れたら、自分も認められるのかなっていうのは凄く感じます。」小柄なので少女のような見た目の脇田選手、悔しい話をした時に、

負けず嫌いの根っこのような部分が見えた気がした。

頑張れ!脇田紗良選手。番組ではこれからも応援していきます。

              モリタニブンペイ

podcast.png
sponcer_banner.jpg

来週のゲスト

土田真由美選手

株式会社シグマクシス

土田真由美選手は、滋賀県出身の45歳。

生まれた時から股関節に障害があり、

2009年に知人のすすめで車いすバスケットボールを始めました。

正確なシュートを持ち味に、競技スタートからわずか1年で日本代表に選ばれ、2010年、イギリスで行われた世界選手権に出場しました。

2018年から女子チームの強豪「SCRACH」に所属しながら翌年からは男子チーム「パラ神奈川SC」でもプレー。

昨年開催された東京パラリンピックでは、女子日本代表として出場し、6位入賞を果たしました。

●土田真由美プロフィール写真_22A3210eye.jpg