スポーツジャーナリスト、佐藤俊とモリタニブンペイが、毎回、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。
強みは機動力と取材力。長年、野球、サッカー、バスケットボール、陸上、水泳、卓球など幅広く取材を続けてきた
二人のノウハウと人脈を生かし、スポーツの本質に迫ります。
ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿通じて、
リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けしたいと思います



湘南GK・谷晃生が大谷翔平に憧れるわけ。

世界で活躍する野心は隠さない


ゴールキーパー・ニュータイプ 谷晃生選手はポジティブ


「点獲るの好きなんで!」

サッカー選手であれば当たり前の発言だが、ゴールキーパーとなれば話は別。この驚きの発言の主は湘南ベルマーレの谷晃生選手。「小学生の頃は前半フォワードで点を獲って、後半キーパーしたりしていた」というから、まさに4番でエースだ。

「点決めたい」と言うだけあって、思考もポジティブ。僕がこれまで出会ったキーパーは、どちらかというとネガティブな思考の人が多かった。前に出る積極的なスタイルから、攻めのゴールキーパーと呼ばれる選手でも、不安要素が抱えきれないぐらいあって、それをひとつひとつ消していく人ばかりだった。点を獲られて、切り替えが上手く、図太いんだからポジティブなんじゃないと思われる方もいるかも知れないが、試合中、引きずってはいられないだけ。決してポジティブ思考にはなり切れない。なぜならゴールキーパーは、自分で点を獲ればいいやとは決して考えられないからだ。

しかし、谷選手の話からは内容も口調もそういうキーパーらしいネガティブなところが感じられない。「僕自身ワールドカップで優勝することが一番大きな目標なんで」ごく自然に話すのだ。そこにあるのは気負いやはったりではなく、自分の将来に期待しか持っていない若いエネルギーとキーパーらしからぬポジティブな思考だけだ。まるで僕が点獲って、優勝に導きますよと言っているような。

谷選手が考えるスポーツヒーローは、MLBエンジェルスの大谷翔平選手。「二刀流はサッカーで言うと、キーパーとフォワードみたい。大谷選手を見て、いろんな子供たちが俺もなるっていうふうに思う。僕もそのぐらい影響力を与えられる選手になりたいと思います。僕も点決めたいっすね。」

二刀流は無理という常識に囚われなかったポジティブ思考の大谷選手が時代を変えたように、ポジティブ思考の谷晃生選手が新しい時代の先頭に立つ日を楽しみにしたい。

                                 モリタニブンペイ



佐藤俊

モリタニブンペイ

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
sponcer_banner.jpg

NEXT

柔道女子48キロ級 渡名喜風南選手

相模原市緑区出身の25歳。

お父さんの影響で総合格闘技が好きになり、

小学校三年生の時に知人の紹介で相武館吉田道場を見学すると、「やりたい」と直感。

その日のうちに柔道着を着て、練習に参加していたという逸話もある。子供の頃はボーイッシュな短髪を男子にからかわれるとすぐに向かっていく「少しけんかっ早い少女」で、

しかも「勝つまでやめなかった」という生来の負けず嫌い。遂には世界の頂点も極めた負けず嫌いを発揮して、相模原市から、初の金メダル獲得が期待される柔道家です。

This Week Hero’s Music

『  虹 / 高橋優 』

IMG_8533.jpg

陸上短距離・小池祐貴選手の一曲は高橋優さんの『虹』 。

小池選手は試合の前に『虹』をよく聴くそうです。元々大学に入るころから高橋優さんのファンで、札幌の映画館に行った時、札幌でバイトをしていたという映像が流れて「ええ、そうなんだ」とおもったことがありますとのことでした。