スポーツジャーナリスト・モリタニブンペイが、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。豊富なスポーツ取材経験を生かし、分かりやすい言葉でスポーツの本質に迫ります。ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、 リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。
アスリート出演情報は番組ツイッターで @HeroesLandmark アスリートへの質問は lsh@fmyokohama.jp

Hero’s Music

『  がんばれ / Honey L Days 』

zaP2_G5623701W.jpg

横浜DeNAベイスターズ桑原将志選手のHero's Musicは、Honey L Daysの『がんばれ』。「僕自身頑張っていない訳じゃないですけど、もちろん毎日全力尽くすのが僕のモットーなんですけど、それの背中押してくれるような、さらに頑張ろうっていう気持ちにさせてくれる曲ですね。」

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

ando.jpg

安藤咲良

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

三笘薫「オーラを出さないといけない」。フロンターレで自身の役割と考えていたこと


最もワクワクさせてくれるプレーヤーは三苫薫選手だ!


今、Jリーグで黄金期を迎える川崎フロンターレ。強いだけじゃない。サポーターだけではなく、誰をも魅了する一番楽しいサッカーを見せてくれるチーム。圧倒的なポゼッション。攻守の切り替えの速さ。完成されたスタイルは、高い戦術理解力が求められ、フィジカル的にもタフさが求められる。このチームのスタイルと、フロンターレに大卒の、ある程度完成された選手が多いことは、関係があると思う。もう一つ、大卒選手が多いことは、チームの強さと、日本代表の主力として活躍する選手が比例していないことも無関係ではない。飛び抜けた才能、その才能を若くして認められ、海外で経験を積むことが求められる傾向にある代表には、大卒は遠回りだからだ。

そのフロンターレの高度なサッカーを実践しながら、飛び抜けたセンスと才能で、代表での活躍を誰もが期待する選手がいる。三苫薫選手だ。

三苫選手はフロンターレの下部で育ち。ユースの時にはトップ昇格の誘いを断って筑波大学へ進んだ。今回、本人に話を伺うと、一学年上の三好康児選手や板倉滉選手がフロンターレでポジションを獲れない姿を見たことと、高校卒業時点でフィジカルも足りてないと考え、将来を見据えて、敢えて大学に進んだという。そして、自分の武器が必要と、大学4年で磨いたのが、三苫選手の代名詞ドリブルだ。クレバーな三苫選手の決断に続く、計画性と実行力は、今、若きフロンターレのエースという形で実を結んでいる。

しかし、三苫選手は全く満足してない。「日本を代表して、世界と戦いたい。小さい子供たちに、日本人の可能性を示していけるようなプレーヤーになりたい。」目指すところは、日本代表よりさらに上。日本人が誰も到達したことのない世界的なスタープレーヤーだ。

三苫選手は現在23才。世界的プレーヤーになるために残された時間はそう多くない。ただ三苫選手の自信あふれる言葉を聞いていると、彼には一気に駆け上がる坂道が見えていると思わせてくれた。スタジアムの空気を換え、三苫時間に引き込むドリブル、さらに今後への期待感。三苫薫、間違いなく今、一番ワクワクさせてくれるプレーヤーだ。

       モリタニブンペイ


podcast.png
sponcer_banner.jpg

来週のゲスト

落合啓士さん(ブラインドサッカー

落合啓士さんは横浜出身の45歳。

10歳の頃から、徐々に視力が落ちる網膜色素変性症にかかり、18歳で視覚障害者に。

25歳でブラインドサッカーと出逢い、2003年にはじめて日本代表へ選出されます。

2013年からは日本の背番号10番を背負い、キャプテンとしてチームを牽引。

2010年には、横浜で神奈川県初のブラインドサッカーチームブエン・カンピオ・ヨコハマ を設立。

ブラインドサッカーの普及活動とともに、地域貢献活動を積極的に行っています。

また、2020年、松本山雅B.F.C.の監督に就任。

日本初の全盲監督として指導して活動しています。

落合さん2.png