スポーツジャーナリスト・モリタニブンペイが、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。豊富なスポーツ取材経験を生かし、分かりやすい言葉でスポーツの本質に迫ります。ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、 リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。
アスリート出演情報は番組ツイッターで @HeroesLandmark アスリートへの質問は lsh@fmyokohama.jp

Hero’s Music

『  がんばれ / Honey L Days 』

zaP2_G5623701W.jpg

横浜DeNAベイスターズ桑原将志選手のHero's Musicは、Honey L Daysの『がんばれ』。「僕自身頑張っていない訳じゃないですけど、もちろん毎日全力尽くすのが僕のモットーなんですけど、それの背中押してくれるような、さらに頑張ろうっていう気持ちにさせてくれる曲ですね。」

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

ando.jpg

安藤咲良

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

『日立システムズエンジニアリングサービス LANDMARK SPORTS HEROES』と

集英社web Sportivaのコラボレーション


憧れはイチロー。宮澤夕貴がバスケ日本代表屈指のシューターとなるまで



宮澤夕貴選手は、周りの人のために、もっともっと強くなる!


リーグプレーオフ決勝第2戦、トヨタアンテロープスが初優勝を決め、女王ENEOSサンフラワーズの連覇が11で途切れた瞬間を、宮澤夕貴選手はベンチで迎えた。痛めていた右肩は、アイシングで巨大化、応援席に手を振ることすら出来ない状態だった。試合中は痛がる素振りは全く見せなかった。後で本人に話を聞くと、とてもプレー出来る状態ではなかったという。

では、なぜそれでも宮澤選手はコートに立ち、体を張り続けたのか。もちろんエース渡嘉敷選手や190センチの梅沢選手も離脱するチーム事情もある。しかし、悪化すればオリンピックにも影響しかねないのに、「自分のことより、チームのことを考えてコートに立つことによって、チームが救われるならそうしたいと思った」という。

選手としての転機は、宮澤選手が初出場したリオ・デ・ジャネイロ・オリンピック。メンバーから落ちると思っていた自分が選ばれ、試合に出て活躍していた他のメンバーが落選。悔し涙を流す姿を見て、自覚と責任が芽生えたという。自分の為だけでなく、選ばれなかった選手の為にも頑張らないとと。

選手人生のひとつのハイライトになるであろう東京オリンピック、宮澤選手は周りの人の為にプレーしたいという。「今まで支えて下さった方の為に、家族の為、友人、先生、監督への恩返しだと思っています。自分が頑張ることで『私も頑張る』と言ってくれる人がいるので、そういう人たちのためにも一生懸命プレーしたいと思います。」と。

人はお金の為や、自分の為よりも、誰かの為に頑張る時に最大の力を発揮する。なぜなら、このぐらいでいいという妥協がなくなるから。恩返しを胸に、最善を尽くし最後までやり切る最高のパフォーマンス、東京オリンピックの宮澤夕貴選手は期待できる!!

モリタニブンペイ


podcast.png
sponcer_banner.jpg

来週のゲスト

落合啓士さん(ブラインドサッカー

落合啓士さんは横浜出身の45歳。

10歳の頃から、徐々に視力が落ちる網膜色素変性症にかかり、18歳で視覚障害者に。

25歳でブラインドサッカーと出逢い、2003年にはじめて日本代表へ選出されます。

2013年からは日本の背番号10番を背負い、キャプテンとしてチームを牽引。

2010年には、横浜で神奈川県初のブラインドサッカーチームブエン・カンピオ・ヨコハマ を設立。

ブラインドサッカーの普及活動とともに、地域貢献活動を積極的に行っています。

また、2020年、松本山雅B.F.C.の監督に就任。

日本初の全盲監督として指導して活動しています。

落合さん2.png