スポーツジャーナリスト・モリタニブンペイが、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。豊富なスポーツ取材経験を生かし、分かりやすい言葉でスポーツの本質に迫ります。ケガや挫折、様々な苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、 リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。
アスリート出演情報は番組ツイッターで @HeroesLandmark アスリートへの質問は lsh@fmyokohama.jp

Hero’s Music

『 負けないで / ZARD 』

yuzu eikounokakehashi_.jpg

VリーグNECレッドロケッツ、古谷ちなみ選手のHero's Musicは、ゆずの『栄光の架橋』。「高校の時に練習始まる前とかに校歌を歌ったりとかしてて、試合前になると「栄光の架橋」を歌うんですけど、まずそこで思い出のひとつがあって、後、大学の最後の全日本インカレがあったんですけど、全日本インカレで3位になることが出来て、そこでMIP賞っていうのをいただく際に、「栄光の架橋」を流していただいて、そこで自分のターニングポイントにその歌が流れてるなって思って、バレーボールやってって心に残っている歌だなって。」

navi_moritani.png

モリタニブンペイ

ando.jpg

安藤咲良

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

7人制ラグビー女子代表主将はデュアルキャリア「全世界の30代に希望を」


サクラセブンズのリーダー中村知春選手がオリンピックで伝えたいこと



東京オリンピック開幕まで2か月を切った。だが、未だに本当に開催されるのか不透明さは増すばかり。高揚感、祝祭感は全くなく、代表選手は目標を語ることさえ憚られる状況になっている。それでも彼らは密かに思い描いている。オリンピックで活躍する姿を。マイナースポーツの代表であれば尚のこと。なぜならそれは自分の人生を変える瞬間だからだ。

女子7人制ラグビー、サクラセブンズの中村知春選手もそんなひとりだ。中村選手は5年前のリオデジャネイロ・オリンピックで大きな挫折を味わった。本当に死に物狂いで、250日合宿を重ねて、金メダルを獲るんだと意気込んで臨んだ夢舞台でメダルに遠く及ばず10位に終わった。世界の実力も理解出来ていない中で取り組んでいたんだなと気づき、ラグビーの本質を伝えられる選手になって、もう一度オリンピックにチャレンジしたいと、そこから生活を全て変えたという。

プレーを変えただけではない。夢を絶たれた経験から、中村選手は女子選手のセカンドキャリア作りに取り組んだ。自らチーム発足に奔走してたクラブチームナナイロプリズム福岡のGM兼選手として、女子選手がラグビーしながら資格の勉強をしたり、経済的な支援をしてあげられる環境を作ったのだ。

そこまで中村選手を駆り立てるのは、ラグビー愛だ。「ラグビーが好きで、ラグビーの良さを分かってもらいたい。ラグビーはいろんな価値を持っているスポーツですし、痛みを伴う分、自分を飾ることが出来ない。全部さらけ出さないといけないんで、教育的価値を伝えていきたいと思っています。」そのことを広く伝える為に、やはりオリンピックのメダルが一番の近道になる。

「今の状況でオリンピックどうかって聞かれても、33歳の私でも難しいのに、若い子たちが応えている姿をみていると胸が痛い。いいんだよ。堂々とラグビーが大好きだから、ただ五輪でメダルを獲りたいでいいんだよっていうのを、姿勢で見せたいですね。」

中村選手の秘めた想いが成就することを願いたい。その時、痛みを伴うからこそ、相手選手や周りの人にも優しくなれる、ラグビー精神がオリンピックレガシーになると信じて。

モリタニブンペイ

podcast.png
sponcer_banner.jpg

来週のゲスト

伊勢大夢投手

(横浜DeNAベイスターズ

伊勢大夢投手は、熊本県出身の24歳。

小学4年生から野球を始め、九州学院高等学校では、3年春と夏に甲子園に出場。明治大学では侍ジャパン大学代表に選ばれるなど活躍。

2019年ドラフト3位で横浜DeNAベイスターズ入団。

ルーキーイヤーから新人らしからぬ堂々としたマウンドさばきで躍動、2年目の終盤にはクローザーを任されるまでに成長。3年目となる今シーズンも勝利の方程式としてフル回転。監督推薦でオールスターゲームにも出場して、セリーグを代表するセットアッパーとなりました。

伊勢投手の剛腕がうなりをあげる時、横浜の勝利が見えてくる。

25年ぶりの日本一へ、伊勢投手に、その意気込み、熱く語っていただきます!!

伊勢大夢投手1.png